FC2ブログ
GT-R(R35)の走行データを高度に解析できるデータロガー・国産車・輸入車に関するチューニングパーツ・カーオーディオ・カーナビの最新情報などを紹介します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GT-R(R35)の走行データを高度に解析できるデータロガー


自分の走り、車の走行データを解析してみませんか。
ニスモから現行日産GT-R用の『データロガーキットBASE』が発売されたようだ。
車速はもちろん、ブースト圧・Gなどのデータが後で確認できる。
 

 マルチファンクションメーターに表示される様々な走行データをUSBでダウンロードし、キットに含まれる専用解析ソフトをインストールしたパソコンでデータの解析が可能になる。さらに別売りの「ラップセンサーキット」でラップタイムを計測すれば、解析画面に走行コース図を表示できるので、より高度な解析を行える。  

 ダウンロード可能なデータは車速やエンジン回転はもちろん、ブースト圧やアクセル開度、前後/ 左右Gなどの全13項目。2010年モデルに適合する。

サーキット走行をする方には間違いなくおすすめなパーツだね。
『データロガーキットBASE』
□適合車種/日産GT-R 型式:R35(2010年モデル)
□価格/¥26,250
□ダウンロード可能データ/車速、エンジン回転、ギアポジション、左右G、前後G、ブースト圧、ブレーキ液圧、ステアリング舵角、アクセル開度、ECOレベル、エンジン水温、エンジン油温、ミッション油温
□キット内容/データ解析専用ソフト(CD-ROM)、ソフト起動用専用USBキー、USBメモリー(8GB/NISMOロゴ入り)

ダウンロード可能データの一覧を見ると、すごいですねえ。
モータースポーツ並のデータ収集力!?

(引用:carview
スポンサーサイト
Copyright © 愛車のチューニングヘルプ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。