スバル用・国産車・輸入車に関するチューニングパーツ・カーオーディオ・カーナビの最新情報などを紹介します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプレッサ用チタンテール


インパクトのあるテールデザインで、リアビューに圧倒的な存在感を与えてくれると評判のHKS『リーガマックスプレミアム』。
そのラインナップに、新たにスバル・インプレッサ(CBA-GVB、GVF)用が加わったようだ。
2年、3万kmの保証もついて、なおかつJASMA対応品。


デザインは左右2本ずつの4本出し、さらにテールにはチタンを採用しているので、青く焼けた出口部分が、高性能を強烈にアピールする。メイン部分の素材にはSUS304ステンレスを採用。また消音効果と耐久性に優れている連続繊維グラスウールを使用するなど、徹底的に高性能・高品質にこだわっているのは『リーガマックスプレミアム』ならではだ。続きを読む
スポンサーサイト

インプレッサWRX STI用ビルシュタインサスキット


インプレッサGRB用ビルシュタインサスキットPSS10が出た!

自動車用アフターパーツを幅広く手がける阿部商会は、『スバル・インプレッサ WRX STI(GRB)』用のビルシュタイン製サスペンションキット『PSS10』を発売した。
 
 『PSS10』とは、10段階の減衰力調整機能を備えた車高調整サスペンションキットだ。国産車向けのラインナップとしては、今回のインプレッサ用が初であり、リアの動きをコントロールし、アンジュレーションの大きな路面でも安定した旋回姿勢を保持するようにセッティング。ストリートから高速ワインディング、ミニサーキットまで、幅広いシチュエーションでハンドリングを楽しむことができる。

ストリートからミニサーキットまで。
幅広いセッティングが可能だ。
続きを読む

エスペリアからレガシィB4用ローダウンスプリング


B4をお手軽にローダウンしましょ。

ローダウンスプリングメーカーであるエスペリアの『アクティブ スーパーダウン』に現行スバル・レガシィB4の適合が確認された。2月上旬に発売される。

『アクティブ スーパーダウン』は、スーパーGTやD1グランプリなどのモータースポーツで同社が得た技術をフィードバックし、耐久性と乗り心地を重視したローダウンスプリングだ。  

 今回の現行レガシィB4用では、フロントで30~35mm、リアで25~30mmダウンする。

これだけ落とせばかなりスポーティになるね。続きを読む

HKSからレガシィツーリングワゴン&B4用のセンターパイプ


先代レガシィ用センターパイプです。

HKSの『ステンレスセンターパイプ・タイプSC』に先代型スバル・レガシィシリーズ用が追加設定された。ツーリングワゴンとB4のほか、STIコンプリートカーのS402にも適合する。

 『ステンレスセンターパイプ・タイプSC』は拡大されたパイプ径で排ガスをスムーズにマフラーに導き、エンジン本来の性能を引き出す。この先代レガシィ用ではサイレントチャンバーを採用したことで、こもり音が軽減されて街乗りでの静粛性と抜けの良さを両立するという。

レガシィは結構音がこもりますからねえ。これはうれしい。続きを読む

レガシィ用強化ラジエターホース【ビリオン】


性能ももちろんだが、エンジンルームの演出効果も大きい。

ビリオンの強化ラジエターホース『スーパーソリッドクーラントライン』に、現行スバル・レガシィ用が追加設定された。

 『スーパーソリッドクーラントライン』はSEPゴムでストロングネットコンストラクションをサンドしたトリプルレイヤー構造により、優れた耐圧性能や強度を誇る強化ラジエターホースだ。メインのクーラントラインのほか、ホースバンド4個も付属される。

チューニングしたなら裂ける前に交換しておきたいね。続きを読む

インプレッサA-LINEの車高調3種


テインからスバル・インプレッサWRX STI A-LINE用サスペンションキットが3バージョン出た。

 まずサスペンションキットで適合するのは、レースでの経験と技術をフィードバックして開発された全長調整式車高調のフラッグシップモデル『スーパーレーシング』、単筒式+新機構M.S.Vを採用し、ワインディング、サーキット走行向けの車高調整式ショックアブソーバーキット『モノフレックス』、ストリート走行向けの車高調整式ショックアブソーバー『スーパーストリート』の3種。

 ローダウンスプリングでは素材にバナジウムを配合したSAE9254を採用し、軽量化と高品質を実現する『ハイテク』が追加適合される。

自分のスタイルに合わせて選べるから良かった。続きを読む

レガシィB4用ドレスアップ系マフラー


ドレスアップを目的としたレガシィB4用マフラー登場。

HKSのドレスアップ系マフラー『LEGAMAX Premium(リーガマックスプレミアム)』に現行スバル・レガシィB4用が追加設定された。1本出し仕様と左右出しの2タイプを用意する。

『リーガマックスプレミアム』はドレスアップとしてのマフラー交換を意識したモデルで、バランスやマッチングを最重要視して車種別に合わせたテールデザインを採用する。このレガシィB4用ではφ110のチタンテールを採用して、1本出し仕様はコストやルックス、音質のベストバランスを重視し、一方の左右出しではこだわりの甲高いNAスポーツサウンドを響かせるのが特徴だという。

デザインだけでなく、音もドレスアップ。1本だしor左右だし。好みはどちら?続きを読む

レガシィはビル足じゃないと


レガシィといえば、ずーっと前から純正でビルシュタインのショックを装備するモデル。
ならば、チューンアップもビル足でないと。


阿部商会は、ビルシュタインの新製品、スバル・レガシィ用車高調整キット(BSS-Kit)を発売した。
 
 現行モデルのレガシィは、今年5月にフルモデルチェンジされたもので、ワンランク上の快適な居住性を求めて、ボディサイズを大きく拡大している。
 
 今回発売されたビルシュタインの車高調整キットは、『2.5GT』などのターボグレード向けに開発されたもので、新型レガシィのやや腰高なスタイリングをアグレッシブにローダウン。スポーティなスタイリングを手に入れることができる。

そうですね、あの腰高感はとりたいですよね。
続きを読む

STI よりインプレッサ用リアサスペンションリンクセット


このパーツは、初期モデルからずっとあります。
標準というわけにはいかんのかな。


STIから、現行スバル・インプレッサ/インプレッサWRX STI用『リアサスペンションリンクセット』が発売された。全国のスバルディーラーにて取り扱われる。

 この『リアサスペンションリンクセット』は、インプレッサのリアサスペンションに装着されているラテラルリンク内側のラバーブッシュをピロボールブッシュに変更するもの。特別仕様車インプレッサWRX STI「STI 20th ANNIVERSARY」に標準装着されたもので、リアサスペンションの動きをスムーズにしてフリクションの低減とキャンバーの剛性アップに効果がある。装着後は路面追従性としなやかさが向上し、コーナリング時のシャープなハンドリングとターンインから立ち上がりまでリニアなサスペンション特性を実現するという。

多少乗り心地が悪くなるから標準じゃないのか!?続きを読む

インプレッサWRX STI用6potブレンボブレーキキット


パワーアップしたならお忘れなく!

STIから、現行スバル・インプレッサWRX STIのフロント用ブレンボブレーキキットが発売された。

 このブレーキキットは、先代モデルに用意された特別仕様車「インプレッサWRX STI specC TYPE RA-R」やレガシィの特別仕様車「S402」などに装着されて好評を得ていたブレーキシステムを、現行インプレッサWRX STI専用にチューニングしたもの。キットには、ブレンボ社製6ポット式モノブロックフロントブレーキキャリパーと放熱性の高いマルチグルーブドローター、STI製レーシングブレーキパッド、ステンメッシュホースが含まれる。ワインディングやサーキットでのスポーツ走行などで、耐フェード性を向上させ、インプレッサWRX STIのパフォーマンスをさらに活かす優れた制動力を実現したという。

ダウンヒルやサーキットで威力を発揮!続きを読む
Copyright © 愛車のチューニングヘルプ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。