ミツビシ用・国産車・輸入車に関するチューニングパーツ・カーオーディオ・カーナビの最新情報などを紹介します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エボX用フロントパイプがさらに高性能に


モンスタースポーツのランエボX用フロントパイプがリニューアル!
パイプ形状を見直しを図り、よりストレートに近づけました。これは大事!
これでさらなる排気抵抗の低減を可能に・・・


 素材にはSUS304ステンレスを使用し、パイプ径70φという大径ストレートパイプにすることで、高回転でのパワーとトルクが向上。ノーマルのプレス成型フランジではなく9tフランジを採用し、剛性のアップも図っている。
 
 重量は1.9kgで、ノーマルの2.4kgよりも大幅に軽量化。同社のチタニウムマフラーXT200かXT100と同時装着すれば、さらなるパフォーマンスアップが期待できる。

0.5kgの軽量化はすばらしい。70φも2000ccのエンジンには絶妙な太さである。
続きを読む
スポンサーサイト

ランサーエボリューションX専用のチタンマフラー


モンスタースポーツから三菱ランサーエボリューションX用チタニウムマフラーがリリース。
重量約半分!
出力アップ・軽量化の一石二鳥!


『XT200』はサイレンサー内部構造のチューニングにより、消音性能を確保しつつ排気効率を高めて、出力とトルク、レスポンス向上を追求したという。本体はチタン材で、重量は約9.0kg(ノーマル約20.3kg)という大幅な軽量化を実現。またグラデーション処理されたテールエンド部で存在感も演出する。  

 2010年4月1日より施行された交換用マフラー事前認証制度にも対応している。 続きを読む

ランエボ用インタークーラー アウターパイプ


ランエボはインタークーラーまで距離があるから、このパーツは効果がありそう。

オクヤマは、三菱・ランサーエボリューションX用の『インタークーラー アウターパイプ』を発売した。
 
 『インタークーラー アウターパイプ』は、パイプ部の素材をゴム製からパイプ径Φ70のアルミ製に変更することで、エアー流入量を最適化する。
 
 これにより、アクセルのオン/オフ時の反応がよりリニアになるとともに、よりトルクフルな走りを楽しむことができる。エボユーザーにとっては、欠かせないアイテムとなりそうだ。

熱によって変わることもないから、いいんじゃないですかあ。
続きを読む

ランエボ7~9にステンレスターボアウトレット


ランエボのトルクをもっとモリモリに。
すごーく効果が体感できそうなパーツです。


モンスタースポーツから三菱ランサーエボリューションVII~IX用の『ターボアウトレット』が発売された。

 ノーマルのアウトレットの内部形状と容量を見直した『ターボアウトレット』に交換することで、低回転から高回転まで全域で出力向上を実現する。内部は、タービンからの排気流とアクチュエータからの排気流の隔壁を最適化して、排気干渉による排気圧力の上昇を抑制。また、出口には純正と同じく球面のガスケットを使用するが、大口径化(φ55からφ77)するため専用ガスケットを用意している。

 本体はSUS304ステンレス製の鋳物成形とすることで、耐久性も確保する。

ステンレスで耐久性は○だね。
続きを読む

APEXi からランエボX用のデュアルファンネルエアクリーナー


名前だけでなく形状から見てもパワー出そう!

アペックスのエアクリーナー、『パワー・インテーク』に三菱ランサーエボリューションX用が追加設定された。

『パワー・インテーク』は独自形状のアッパーファンネルを採用したことで、ロアファンネルとダブルの整流効果を生み出し、クリーナー内部にスムーズな空気の流れをもたらす。全域に渡ってノーマルを上回るパワーを発揮し、密度勾配形不織布フィルターが吸気効率とダストキャッチ力を高次元で両立するという。

エンジンルームを素敵に演出しそう。
続きを読む

タナベから性能とコストパフォーマンスを両立したマフラー


ジェントルなマフラー!?

理想的な排気効率と手ごろな価格を両立したタナベのマフラー『Medalion Touring(メダリオンツーリング)』に、日産の現行スカイラインクーペと三菱・ランサーエボリューションX用がラインナップされた。

 この『メダリオンツーリング』は、独自の内燃焼構造を採用して、車種別に専用設計となるフルマフラー。マフラー本来の機能である消音効果を維持しつつ、さらなるパワーアップを実現するという。素材はオールステンレス製で、軽量と耐久性をバランスさせて肉厚1.2mmとした。

最近はあまり大きい音は流行らない感じ・・・
続きを読む

ラリーアートからランエボX、ギャランフォルティス用エンジンカバー


ちょっとしたおしゃれ。間違いなくボンネットを開ける機会が増える。

ラリーアートから、三菱・ランサーエボリューションX、ギャランフォルティスラリーアートに搭載される4B11型MIVECターボエンジン用『エンジンプラグカバー』が発売された。全国の三菱自動車販売会社、ラリーアートピット各店、テストアンドサービスにて取り扱われる。

 この『エンジンプラグカバー』は、点火系のプラグのみを覆うアルミ製のプレートカバーで、悪天候下でのエンジンルーム作業時に点火系へ雨水が飛散するのを防ぐ。また、エンジン全体を覆う標準カバーと比べて、点検や整備が行いやすいのが特徴だ。カラーはレッドアルマイトとブラックアルマイトを用意。なお、JAF全日本ラリー選手権第6戦ラリー北海道に出場したランサーエボリューションXラリーカーに実戦投入されている。

へ~、飾りじゃないんだね。
続きを読む

ラリーアートからランエボX用『スポーツブレーキパッドセット』


ランエボⅩ用パッド。FORストリートだね。

ラリーアートから、三菱・ランサーエボリューションX(ブレンボキャリパー装着車)用の『スポーツブレーキパッドセット』が発売された。

 許容温度域550度までという、街乗りからワインディングロードでの走行を想定した同商品。コントロール性と車両特性とのバランスを重視して開発され、優れた制動力と耐フェード性を確保。装着初期からしっかりとした制動力を発揮してくれる。また、ストリートでの使用を考慮に入れ、ロースチールタイプのノンアスベスト材を使用。鳴きやローター攻撃性を抑え、ホイールやボディに汚れが付きにくい。

ストリートユースならば、汚れがつきにくいのはうれしい。

続きを読む

ラリーアートよりランエボX用『スポーツサスペンションキット』


ラリーアート製だけど、中身は・・・

ラリーアートから、三菱・ランサーエボリューションX(CZ4A)用『スポーツサスペンションキット』が発売された。

 この商品は、ビルシュタインとアイバッハとによって共同開発された車高調キット。ネジ式で車高調整ができるショックアブソーバーと直巻スプリングのセットで、車高は-30mmから+10mmの間で調整が可能だ。購入から1年間、または走行距離2万kmまでの品質保証が付き、オーバーホールにも対応する。

 バネレートはフロントが10.72kgf/mm、リアが8.04kgf/mm。ロール剛性を高めることにより旋回性を向上する。路面状況をステアリングにしっかりとフィードバックするので、リニアなドライビングフィールも得られる上、あらゆる状況での操縦安定性へとつながる。

ものは間違いなくいい。
続きを読む

ブリッツよりランサー用のフェーエルコントローラー


なかなかマニアなパーツです。

自動車用部品の企画、製造をてがけるブリッツは、ミツビシ・ランサーエボリューション用のフューエルコントローラー『R-FIT』を発売した。

 『R-FIT』は、16ポイントのエンジン回転域で、プラスマイナス50%の燃料噴射量調整が可能なフューエルコントローラーで、ブリッツがセッティングを行ったランサーエボリューション用の専用データ8種類をプリインストール済み。面倒な初期設定が必要なく、イージーセットアップ機能を使用することで、車種に合ったデータを選択すればすぐにプロの燃料セッティングが手に入る。

どれだけ変わるものなのか試してみたい。
続きを読む
Copyright © 愛車のチューニングヘルプ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。