アルファード用・国産車・輸入車に関するチューニングパーツ・カーオーディオ・カーナビの最新情報などを紹介します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トムスからアルファード/ヴェルファイア用エクステリアパーツ


アルファード、ヴェルファイアがよりいっそう迫力でます。

トムスから、トヨタ・アルファード/ヴェルファイア用エクステリアパーツが発売された。

 まず、フロントスポイラーとリアアンダースポイラーは左右の張り出しを強調してボディをワイド化することで、よりスタイリッシュに見せるとともに、開口部を大きく見せたスポーティさにもこだわりを見せる。

 フロントフェイスの印象を変貌させるフロントグリルはクロームメッキとフラットブラックを組み合わせた横基調のデザインで、精悍な顔つきを演出。アルファード/ヴェルファイアそれぞれに専用デザインを用意する。

 ほかにも、アルファード用としてはフォグランプの周囲をフラットブラック化してバンパーをスポーティにみせるフォグランプガーニッシュを、ヴェルファイア用に特徴的なヘッドランプをより強調するクロームメッキのヘッドランプガーニッシュをラインナップする。

後ろから迫ってきたらちょっと迫力ありすぎかも。

続きを読む
スポンサーサイト

テインから車高調GT WAGONに追加モデル


最近のワゴンはスポーティな方が似合う。

テインのワゴン/ミニバン用車高調キット『GT WAGON』に、新型トヨタ・アルファード/ヴェルファイア用が追加された。また、生産を終了していた先代トヨタ・アルファードとエスティマ、現行の日産・エルグランド、先代オデッセイ用が復刻・再販された。

 GTワゴンは高速道路やワインディングでミニバンの走行性能を発揮するスポーティな味付けが特徴のサスペンションキットだ。減衰力も16段階調整が可能で、走行ステージに合わせて調整できるほか、同社の『EDFC』と組み合わせれば、車内からも減衰力を調整できる。

安定した走行が期待できる。

続きを読む

ヴァルドからアルファード用のパーツ


エクステリア一式。かっこいい。

ヴァルドは、トヨタ・新型アルファード用のカスタマイズパーツ『スポーツライン・ブラックエディション』を発売した。

 今回登場したスポーツラインは、同車の人気シリーズでトヨタ・新型アルファード用がラインアップに加わった。エアロパーツは、フォグランプ付属のフロントバンパースポイラー(18万6900円)、サイドステップドアパネル(17万6400円)、LEDランプ付属のリヤバンパースポイラー(14万4900円)を用意。アルファードらしいイメージを残しインパクトある仕上がりとなる。

 そのほか、エクステリアパーツのフロントグリルをメッキ(6万900円)とブラック(4万4100円)の2種類を設定するほか、D.T.Mスポーツマフラー(20万2650円)なども用意された。

まとまってていい感じ。
(引用:carview

HKSよりアルファード/ヴェルファイアなど用サクションパイプ


ミニバンもレーシーに。

HKSからリリースされている『レーシングサクションリローデッド』に、トヨタ・アルファード/ヴェルファイア(GGH20W、GGH25W)、エスティマ(GSR50W、GSR55W)、ノア/ヴォクシー(ZRR70W、ZRR75W、ZRR70G、ZRR75G)、ホンダ・ステップワゴン(RG1、RG2)用が追加された。

 この商品はサクションパイプを車種ごとに見直して、吸気効率を最大限に引き出すパーツ。主に中高速域のパワーとトルクを向上し、スポーティな吸気音とともに軽快なフィーリングを実現する。バフ仕上げされたアルミパイプを採用し、エンジンルームのドレスアップ効果も期待できる。

高回転が楽しくなるね。
続きを読む

エナペタルよりアルファード用のノーマル形状サスペンション


あのエナペタルからアルファード用がでたよ。

エナペタルから新型アルファード用の『ノーマル形状ショックアブソーバー』が発売された。

 エナペタルのリリースするサスペンションパーツは、ビルシュタイン製ショックアブソーバーをベースに車種ごとの最適なセッティングを施してある。今回のアルファード用はもともと低い純正の車高を活かし、約-30mmまでのローダウンを想定した仕様とした。乗り心地の良さを確保しながら、ビルシュタインらしいしっかり感のある乗り味を実現。車高調よりも手頃な値段で、フラットライドなドライブフィールを手に入れたいアルファードユーザーにおすすめだ。

中身は安心のビルシュタイン。
続きを読む

クスコから新型アルファード用のパーツ


アルファードのボディをさらに強化だ。

クスコは、新型アルファード用のフロント・ストラットタワーバー(Type OS)とパワーブレース(サイド/センター)の発売を開始した。

 今回発売されたフロント・ストラットタワーバーは、トヨタ新型アルファードGGH20W用。タワーバーは、オーバル形状の軽量アルミを使用していて、ボディ剛性がアップするとともに、サスペンションの動きも向上。デリバリーは8月5日からで価格は1万5750円(税込)。

サスペンションを生かすも殺すもボディ次第。
続きを読む

HKSからアルファード/ヴェルファイア用車高調『HIPERMAX C-Wagon+』発売


アルファード、そしてヴェルファイアユーザーに朗報です。

HKSからリリースされているミニバン/ワゴン用車高調『HIPERMAX C-Wagon+』にトヨタ・アルファード/ヴェルファイア用が追加された。

 この『HIPERMAX C-Wagon+』は、同社製『HIPERMAX C-Wagon』に減衰力30段調整機構をプラスした車高調。乗り心地を損なうことなくローダウンができる基本コンセプトはそのままに、街乗りや高速などの走行ステージ、乗車人数や積載量などのシチュエーションに合わせて細かなセッティングを施すことができる。車高の最大調整幅はフロントが0から-88mm、リアが-15から~-67mm。

めずらしく調整機構付だよ。これなら好みの乗り味がおもいのまま。
続きを読む
Copyright © 愛車のチューニングヘルプ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。